婚活におけるトーク、メールテクニック

Q、現在婚活をしている男性ですが、どうしても相手とコミュニケーションをとるのが難しいと感じてしまい、中々上手くいきません。僕は小さい頃から人見知りをしてしまうのですが、社会人になってから少しずつ改善してきました。しかし婚活パーティーなどでは、やはり初めての人ばかりなので人見知りをしてしまい思うように話ができなかったりすることも何度もあります。時々お相手からメールアドレスなどを教えてもらう事があり、何度かメールの交換をすることもあるのですが、お相手が沢山のメールをくれても、どんな内容の返事をすれば良いのか悩んでいる時に1日が過ぎてしまうなんて言う事もあります。婚活パーティーに参加していると、どの相手とても盛り上がって話をしている男性だと思いますし、とてもうらやましいと思うのですが、どうすればあのように会話が弾んだりできるようになるのでしょうか?

婚活をしていくためのトークやメールのテクニックなどがあれば教えてください。出来る限りの努力はしていきたいと思っています。

トークでは、決して無理をしないこと

A、おそらくあなたは婚活パーティーなどで初めてのお相手と話をする際に、相手に人見知りであることを悟られてはいけないという焦りが出てしまっているのではないでしょうか。人見知りをしてしまう人に良くある傾向なのですが、自分が人見知りをしてしまうことを相手に気づかれないようにするため、次から次と意味のない言葉を発してしまってすることがあります。また反対に相手の話を聞くことに徹してしまい、自分のことを話さしないまま帰宅してしまうなんて言う事もあるのではないでしょうか。まずトークのテクニックとしては人見知りをしてしまい、上手く会話できないということを正直に伝えてしまうと良いです。無理に言葉を選んで話をするよりも、はにかみながら、「人見知りをしてしまうので上手く話ができずにごめんなさい」と正直に言う方が相手が受けるイメージも良いと思います。

またメールに関しては、どんな返事をするのか悩んでしまう前に短い文章でも良いので、相手からのメールに対して褒められる部分を見つけて褒めるような返事を返してあげましょう。また相手をねぎらう言葉も大切です。人見知りをする人やメールが苦手な人の場合には相手をねぎらう言葉などを書かずにメールをしてしまうことが多いのですが、お疲れ様という一言のメールでもお相手は嬉しくなるものです。また文章の最後には小さな絵文字などを入れてみると、それだけでもイメージが大きく変わりますし、お相手に対しての質問等あれば、こうした質問をメールに入れるとキャッチボールができると思います。