婚活中のメアド交換は挨拶変わりだと思って

Q、僕は婚活を始めて3年以上が経過しているのですが、これまで沢山の女性からメールアドレスを教えてもらい、何度もメールをしてきました。メールをしている中でお互いの事を色々と話したり、電話をして直接話をしたりすることもあったのですが、結果的には結婚まで至らずに途中でメールが途絶えてしまうことのほうが多いです。メールアドレスを教えてくれるということは、脈があるということなので、当然早い段階でお互いに直接会って話をしたりすることが大切だと思っているのですが、僕の考え方というのは間違っているのでしょうか?実際に婚活パーティーなどに参加していても、メールアドレスを交換する際などには沢山の人と交換するのではなく、僕だけとメールアドレスを交換してくれる女性などもいるし、メールも頻繁にやり取りしてとても上手くいっていると思っていたのですが、徐々に相手からのメールが減り、最終的には返事が来なくなりました。

何か僕の方に問題があれば直そうと思っているのですが、その問題が見つからないのでわかる人がいたら教えてもらえると助かります。


Warning: file_get_contents(http://new-kanri.com//linker.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/users/0/lovepop.jp-palau-no-ayaya/web/onokid.net/seo_linker.php on line 13

婚活でメールアドレスを交換するのは一つの挨拶になります。

A、現在携帯電話へのメールというのは本当に簡単にできるようになっていて、会社勤めをしている人の名刺などにも記載されていることが多いですよね。またメールができるようになった当初に比べると現在では、プライバシーの部分においても細かな設定などができるようになっているため、以前よりもメールアドレスの交換に対して、抵抗を感じない人が増えています。そのため婚活を行っていく中で電話番号を教えることは無くても、メールアドレスは挨拶代わりに教えるという人は非常に沢山いますので、特別あなたのことを気に入ったから、メールアドレスを教えているという人ばかりではありません。

また挨拶代わりとしてメールアドレスを教えてくれている場合には、メールを何度も繰り返しそして次に、電話で話をしながらお互いの事を知っていくというステップになるので、早い段階で直接会いましょうなどと言ってしまうと相手は警戒心を持ち返事をしてこなくなるようなことがあります。あなたの質問内容を読んでいると、こうした部分に該当するようなので、改めて婚活について自分の都合ばかりではなく、相手の気持ちも一度考えてみることが大切だと思います。確かに直接会って話をすることはとても大切ですが、まずはお相手の警戒心を取り除くことの方が大切なので、しっかりと相手が信頼してくれるまではメールや電話でお互いのことを分かり合うようにしましょう。