婚活では高望みし過ぎてはいけない

Q、私は婚活をしていて、友人と婚活についての話をしたりすることがあるのですが、友人などには良く高望みをしていると指摘されることがあります。しかし自分の中では高望みをしてると思うことは無く、単純に中々理想の相手が見つからないと思っているのですが、高望みというのはどのレベルからを言うでしょうか?結婚して生活をするようになれば、やはり子供も生まれるし、それなりに収入がなければ困るので、私の中での最低ラインの収入などの理想があり、またできるだけ多趣味な人が良いとも思っています。

その他もちろん子供が好きな事や家事を手伝ってくれるということも理想の条件の中に入っているのですが、こうしたことは高望みになるのでしょうか?友人はすでに結婚しているので安定した生活を送っていますが、話をしているといつも私のことは高望みだと言います。でもこれまで婚活をしてきた中で私よりも理想の高い人は沢山いたし、私自身が高望みとは思えないのですが、いかがなものでしょうか?また万が一高望みなのであれば高望みをするのは婚活にとって良くないことなのでしょうか?

福岡の婚活パーティー

婚活で高望みというのは厳禁です。

A、まず収入に関してあなたの理想としている金額がいくらかしっかりと把握していないので良く分かりませんが、一般的なサラリーマンなどの場合はおそらくあなたが思ってるほど収入を得ていないと思います。特にこの近年ではボーナスの減給や月給の減給などがあり、収入が少なくなっている人が多いので、年収が一千万以上などという理想を持っていると、それだけで高望みだと言われてしまう時代になりました。もちろん結婚して生活をしていく中で収入というのは最も重要な部分になりますが、婚活相手の収入にこだわりを持っていると、高望みと認識されてしまう傾向にあり、あまりお相手からは良いイメージを持たれません。

また多趣味な男性が良いとのことですが、多趣味であるということは、それだけ趣味にお金をかけなければなりませんので、この部分についても近年減っています。子供好きと言った部分や、家事を手伝ってくれると言った部分には理想を抱く女性も非常に多いのですが、基本的には家事というのは女性が行うものであり、結婚して家庭に入る以上、パートをしていても家事をしっかりとこなしていくというのは女性としての役割ではないでしょうか。こうした部分について、もう一度考えた上で婚活を続けていくと良いと思います。